チャネリング スピリチュアル用語集

スポンサードリンク

スピリチュアル用語集 トップ > タ行 > チャネリング

チャネリング

チャネリング(channeling)とは、常識的な通信手段では情報をやりとりできないような相手(何か高次の存在・神・死者(霊界人)・未来人・宇宙人など)から、特別な能力によって情報を交信すること。
チャネリングを行う霊媒者をチャネラーと呼ぶ。
シャーマニズムの一種。

名称は「チャンネルを開く」という意味での造語と見られる。初出は不明。
古代の多くの聖典と呼ばれる書物は、チャネリングによって書かれたともいわれている。
チャネリングは瞑想状態で行うことが多いが、それは限定条件ではなく、通常の意識状態でも可能とされる。

日本では特にバシャールや神との対話が知られる。
また、これを行う人物としてエドガー・ケイシーが知られる。
その他、冥王星のオコツトのヌース理論もある。

(出典:フリー百科事典ウィキペディア)




チャネリングにより宇宙からのヒラメキやメッセージを受け取ることで、

その助言を自らの成長に役立てることが本来の目的である。



「なんとなく・・・」

「そんな気がする」


など、日常で何気なく使っている場合もある。





この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/57547625

この記事へのトラックバック

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。