瞑想 スピリチュアル用語集

スポンサードリンク

スピリチュアル用語集 トップ > マ行 > 瞑想

瞑想

瞑想(めいそう、Meditation,メディテーション )とは、何かに心を集中させること。この呼称は、単に心身の静寂を取り戻すために行うような比較的日常的なものから、絶対者(神)をありありと体感したり、究極の智慧を得るようなものまで、広い範囲に用いられる。

(出典:フリー百科事典ウィキペディア)



自分という自我を超えて、心の奥深い内在意識とつながることである。

瞑想することにより、集中力が増し、無・空(くう)・光などを感じると表現する人もいる。

瞑想は、信念ではなく、心が自然に自分のより一番深い本質のところを
実体感することとも言える。
  
なのであなたが何を信じていても、たとえ疑っていても瞑想の効果は得られるものである。

瞑想はどのような宗教や教えを支持していようと違和感なく受け入れる事ができるものである。
  
瞑想により、リラクゼーション効果も得られる。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/57550807

この記事へのトラックバック

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。